小2娘の「プログラミングっておいしいの?」第7回~奥深きプログラミングの世界~

2018年07月23日 行ってみた・やってみた 学研ゼミを使おう 小学生の学び

こんにちは! IT・エンジニア系企業に勤務している夫と、小学生2年生の娘と一緒に、学研ゼミのプログラミング学習サービス「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」を楽しんでいる、ワーキングマザーです。

難易度が上がるにつれて、ますます面白くなってきた「ポコタス★Do」。「単なるゲーム」と思うなかれ、プログラミングへの気づきが「半端ない」んです。

ポコタス★Do体験記:第7回「プログラミングっておいしいの?」~奥深きプログラミングの世界~


■プログラミングに正解はあるの?

前回、「スキャン」機能を知り、使い方を把握した娘はどんどんゲームを進めていきます。

■プログラミングに正解はあるの?

コンパイラ姫一行は、さらなる武器を手に入れるために、「オーバークロックストーン」をゲットしようとしています。

しかし、またもや邪魔者であるグレーエネミーに囲まれてしまい…。グレーエネミーを撃ち落として、オーバークロックストーンまで進まねばなりません。

自分の力でブロックを組み立てていく娘

自分の力でブロックを組み立てていく娘。途中で何度か失敗してしまうわけですが、「作り直そう」というわけではなく、「どうすれば目の前の問題が対処できるか」を考え、解決しているようです。

しかし…、そうすると、プログラミングのツリーがどんどん長くなっていくのです…。

プログラミングのツリーがどんどん長くなっていくのです…

Doボタンで結果を見てみます!

Doボタンで結果を見てみます!

クリアできました! しかし、確かにクリアはできているのでよいのかもしれませんが、本当にこれが正解なのでしょうか…?

夫「うーん、プログラミングに正解はあって無いようなものだからな~」

夫によれば、プログラミングにおいて課題をクリアする方法はひとつではなく、いろいろな方法があるとのこと。つまり、クリアしていてもそれが唯一の方法とは限らないのだとか…!

つまり、これまで思うままに「ポコタス★Do」で楽しんできましたが、この連載でみなさまにお見せしてきたプログラミングが唯一の「正解」というわけではないのです!

もしかしたら、ふたりのお子さまに同時にトライしてもらったとしたら、ふたりともクリアはできても違うプログラミングになっている…なんてこともあるのでしょうか? 興味深いですね!


■どんどん長くなるプログラム…?

さらに、どんどん長くなっていくプログラムを一緒にみてもらった時のこと。

夫「初心者のプログラムはどんどん長くなるものなんだよ…」

私「え? 長いとだめなの?」

夫「同じ課題のプログラムでも、いかに短くシンプルに課題をクリアできるかが、プロの仕事なんだ」

初心者は目の前の問題を解決することに必死になってしまうけれど、慣れてくると効率化を追求して無駄な

プログラムはとっぱらい、ショートカットするかのごとくクリアさせるものなのだそうです。しかしながら、娘はまだ「初心者」。娘には、まず目の前の問題を解決してクリアにする体験を最優先させたいと私は思っています。

日常生活においても、大人は最適でシンプルな方法を選ぶことができます。ただそれは経験や知識があってこそ。子どもたちには目の前の問題解決に取り組んでくれるほうが、自然と論理的思考を学べるよい経験になると思います。失敗しながら、なぜ失敗したのかを考えたほうが、力がつくのではないでしょうか。

「プログラミングにはいくつもの正解がある」という経験によって、問題を解決したり目標に向かったりするためにはたくさんの考え方があるのだとわかるだけでも、視野が広がりそうですからね!

というわけで、とりあえず今は余計な口出しをせずに娘が考えつくままに「ポコタス★Do」を楽しんでもらおうと決めた母でした!

次回(第8回)もお楽しみに。

ライター:しろくまかあさん

小学校2年生のひとり娘を育児中のワーキングマザー。特段、教育熱心なタイプというわけではないが、娘にはごくごく一般レベルくらいの学力は身につけ、憂いなく楽しい小学校ライフを送ってほしいと願っている。


学研ゼミとバンダイがコラボ♪「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」オリジナルドット絵コンテスト開催!

ポコタス★Doオリジナルドット絵コンテスト

■キミの作品がゲームで大暴れ!?

32×32マスのオリジナルのドット絵を描いてみよう!複数の作品応募OK!

キミの描いたドット絵が、実際に「ポコタス★Do」のゲームの中で「操作する宇宙船」や「発射されるミサイル」、「敵キャラ」になって登場するよ!

「ドット絵の作成用紙」をダウンロードして自由に描いてみてね。完成したら写真に撮って応募しよう♪

入賞者の作品は、ゲーム用に加工するよ!上手い・下手ではなく、一生懸命描いたかどうかが大事。いろいろなテーマで考えてみてね!


関連コラム


▼小2娘と家族の"ポコタス★Do"体験記・「プログラミングっておいしいの?」

[エピソード0:ストーンクエスト](無料体験版)をやってみた

[エピソード1:スペースクエスト]をやってみた


ご家庭ではじめるプログラミング学習にぴったり!「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」を無料ではじめよう

ポコタス★Do

「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」は、小学生のお子さまが、プログラミングの考え方を学ぶ教材として、ご家庭で気軽にはじめるのにぴったりのオンラインサービスです。

無料で始められますので、ぜひお子さまと、「ポコッ」とブロックを足し(「タス」)て「Do(ドゥ)」してみませんか?

「学研ゼミ」では、プログラミング学習を通して、お子さまの将来に必要とされる”生き抜く力”を育むサポートをいたします。(ハッケン!みっけ隊)

関連するキーワード

行ってみた・やってみた 学研ゼミを使おう 小学生の学び

pagetop