【インタビュー】プログラミング学習、なにからはじめる? 小学生におすすめの自習型サービス「ポコタス★Do」とは

2018年05月14日 学研ゼミを使おう 小学生の学び そのほかのみっけ!

「いろいろ挑戦して、うちの子に向いているものを見つけたい」、「パソコンやゲームに興味がある子なので、もっと身につく形で」とお考えの保護者さまにおすすめなのが、小学3~6年生のお子さまを対象とした「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」。楽しいストーリーに沿って、お子さまが自然にプログラミングの基礎を学べる自習型のオンラインプログラミング教育サービスです!

プログラミングは「未来のほぼすべて」に関わっていく

小学生のプログラミングって最近よく聞くけれど、結局、どのくらい重要なの? ライター鈴木めぐみが「ポコタス★Do」担当の松原さんと藤井さんに聞きました。

小学生のプログラミングって最近よく聞くけれど、結局、どのくらい重要なの?


―2020年から小学校でプログラミング教育が必須化されるそうですが、実はなぜ重要なのか、いまひとつピンときていないのですが…。

これからお子さまたちは、将来どんな道を志したとしても、どこかでプログラミングや、プログラミングが基になったテクノロジーと関わっていく可能性がとても高い。そういったテクノロジーを手段として、効果的に使いこなせることが求められるようになると思います。

そのために、「論理的・創造的に考え、課題を発見・解決していくこと」、いわゆる「プログラミング的思考」を身につけることが教育の場でも重要視されることになったのです。


―テクノロジーを使えればいいのではなく、考え方を理解する必要があるのですね。

そうです。誰かが作ったプログラムやテクノロジーをただ使う人と、なんとなくでもどういう成り立ちなのかを知っていて使っている人では、例えば職業など、生きていく上での選択肢の広さが違ってくるはずです。もちろん、お子さまのプログラミングの才能が開花する可能性だってありますよね。


―確かに。もしかしたら、勉強や他の習い事、スポーツより向いているかもしれないですよね!

そうなんです。それに、ICカードやAIスピーカーのように、何百万もの人の生活が一変した大発明も、プログラミングがあればこそ。もしかしたら、お子さまが世界中の人の抱える問題を解決できるような人物になるかもしれませんよ!



「ポコタス★Do」はプログラミングの「はじめの一歩」

―「ポコタス★Do」は自習型のオンラインプログラミング教育サービスということですが、具体的にはどんな内容なのですか?

“プログラミングを操る勇者になってお姫さまを助ける”というファンタジー調のストーリーに沿って、プログラミングの第一歩、基礎が学べるオンラインサービスです。

難しいプログラミング言語を使用するのではなく、「どう操作するか」が記載されたブロックを使って、視覚的に組み立てていく「ブロックプログラミング」という形式なので、予備知識がなくてもお子さまが自分の力で進められます。

悪の組織から世界を救う冒険ストーリー。エピソード0は無料

(悪の組織から世界を救う冒険ストーリー。エピソード0は無料)


次々と巻き起こる事件の中で、「どう操作するか」(関数)が入った「ブロック」を配置して、「実行」することで、対象を思い通りに動かし、課題を解決しながら、直感的にプログラミングを体験できます。

ビジュアル的にわかりやすいので初心者でも安心!

(ビジュアル的にわかりやすいので初心者でも安心!)

実は「ポコタス★Do」という名前もブロックプログラミングが由来で、「ブロックをポコッ、ポコッと足して、Do(実行する)」というところからきているんですよ。


―ゲームの好きなお子さまも、楽しく取り組めそうですね!

そうなんです。「子どもがゲームばっかりしている」とお困りの保護者さまは少なくないと思うのですが、「それならいっそ、ゲームの中身を学んで、作る側になってみませんか?」というわけです。



プログラミングで子どもたちに成功体験を


「プログラミングをする」ではなく「プログラミングで課題を解決する」


―課題は難しくないでしょうか? 私はプログラミングが全然わからないのでフォローもできないし……

はじめの「エピソード0」はプログラミングを知らない方でも直感的にわかるつくりなので、体験会などで初めて触れた方でも、親子で一緒に進めていますよ。それに、お子さまがひとりで学べるようにも工夫しています。

わからないところが出てきても、ほったらかしにはしません。ストーリー中のキャラクターたちがヒントをくれたり、正しくできたら褒めたりして伴走してくれるので、目的に向かって一歩一歩学んでいけるのです。

キャラクターたちが自然と学習を導いてくれる1

キャラクターたちが自然と学習を導いてくれる2

(キャラクターたちが自然と学習を導いてくれる)

―確かにキャラクターはとても親しみやすいし、ストーリーを追う感覚で学べるので楽しいですね。

「ポコタス★Do」は「プログラミングをすること」自体が目的ではなく、「プログラミングという手段で課題を解決して、成功体験を積んでもらう」ことが目的だと考えているのです。やはり「設定した目的へ向かって学ぶ」と身につきやすいですから。そのためには、モチベーションが湧くキャラクターや、連続性があって目的もはっきりしたストーリーは欠かせませんね。



課題を解決する喜びが未来につながっていく


課題を解決する喜びが未来につながっていく


―プログラミングにはいろいろ種類があるそうですが、「ポコタス★Do」で学べるのはどれですか?

プログラム言語のことですね。確かに各言語はまったく特徴が違いますが、「ポコタス★Do」で学ぶのは、プログラミング全体に共通している概念や考え方です。

これをあらかじめ身につけておくことで、どの言語を学ぶことになっても、最初から「プログラミングは難しい、怖い」と思い込んでしまうようなことはないはずです。

―なるほど。最初につまずいて苦手意識を持ってしまうような“不幸な出合い方”を回避できるわけですね。

はい。むしろ「プログラミングで世界が救える」ストーリーを経験したことで、「プログラミングができるとたくさんの人の問題を解決できる」という未来像も見えて、ポジティブに取り組めるのではないかと思います。



まずは無料の「エピソード0」で「ポコタス★Do」の面白さを知ろう!

体験会ではお子さまたちの人気も上々!

―体験会も開催されているそうですが、皆さまの反応はいかがですか?

小4の女のお子さまと参加されたお母さまは「プログラミングがさっぱりわからない私のような親でも、娘は自分でどんどん読み進められていたので、安心しました。なにより本人が楽しそうでした」とおっしゃっていました。お子さまは習い事や塾でお忙しいそうで、「ポコタス★Do」なら家で空いた時間にできるというところも、気に入っていただけたようです。


―なんとなく男の子っぽいイメージがあったのですが、女の子も楽しんで学んでいるのですね!

はい。小5、小6の姉妹と一緒に参加してくださったプログラマーのお父さまは「普段、勉強嫌いな娘が熱心にパソコンに向き合っている姿を見てビックリしました! 勉強が苦手な子にもゲーム感覚で学べるのでgoodです!」というコメントをくださいました。ご自宅に帰ってからも、姉妹で「私の方がうまい!」と言い合うほどだったそうですよ(笑)。

勉強嫌いな娘が熱心にパソコンに向き合っている姿を見てビックリしました!


無料で始められる「ポコタス★Do」を試してみよう!

―体験会以外でも、「ポコタス★Do」をお試しできる機会はありますか?

「ポコタス★Do」には体験版がありまして、最初の「エピソード0」は無料で始められます。パソコンにソフトウェアをインストールしたり、会員登録をしたりする必要もないので、気軽にお試しいただけますよ!

ちなみに、「エピソード1」(1200円/税抜)を購入すると、次のカリキュラムに進めるだけでなく、オリジナルのシューティングゲームを作るモードや、そのゲームのために素材集めができるモードが開放されます。


―楽しそう! お子さまのやる気にもますます火がつくわけですね。

そうなんです。今はまだ打ち込めることが見つかっていないお子さまも、「ポコタス★Do」がきっかけで、プログラミングに夢中になったり、今まで気づいていなかった才能が開花したりするかもしれません!

ですから、まずはぜひ、体験版にチャレンジしてみてくださいね!

「ポコタス★Do」がきっかけで、プログラミングに夢中になったり、今まで気づいていなかった才能が開花したりするかもしれません!




ありがとうございました。次回は、引き続き松原さんと藤井さんに「ポコタス★Doでお子さまの可能性がどう広がっていくか」について、もっと詳しくうかがっていきます。お楽しみに!


ライタープロフィール 鈴木めぐみ
ビジネス記事から生活情報までオールジャンルで書き続けるライター。親よりしっかり者の小4女子と、やんちゃな小1男子の母。育児を機に初めて教育分野を意識するも、知らないことだらけで一念発起。「自分と同じ、迷える親のために」と持ち前の好奇心で取材しまくり、今も勉強中の身。


関連コラム



ご家庭ではじめるプログラミング学習にぴったり!「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」をはじめよう

ポコタス★Do

「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」は、小学生のお子さまが、プログラミングの考え方を学ぶ教材として、ご家庭で気軽にはじめるのにぴったりのオンラインサービスです。

無料で始められますので、ぜひお子さまと、「ポコッ」とブロックを足し(「タス」)て「Do(ドゥ)」してみませんか?

「学研ゼミ」では、プログラミング学習を通して、お子さまの将来に必要とされる”生き抜く力”を育むサポートをいたします。(ハッケン!みっけ隊)

関連するキーワード

学研ゼミを使おう 小学生の学び そのほかのみっけ!

pagetop