スマートドリル体験記・第1回「勉強しなさいと言いたくない私」~SOS! 小2娘のToDoリストに「勉強」がありません!~

2018年05月08日 行ってみた・やってみた 学研ゼミを使おう 小学生の学び

[第1回]「勉強しなさいと言いたくない私」~SOS! 小2娘のToDoリストに「勉強」がありません!~


こんにちは! この春、小学校2年生に進級した娘の育児にいそしむ、ワーキングマザーです。

娘が小学校に通い始めて1年。いわゆる「教育ママ」ではない私も、そろそろ家庭での学習について気になり始めました。

入学したての1年生のときは、「環境に慣れること」を第一にと考えてきたのですが、2年生になった今、「うちの子、Youtube®ばっかり見ていて勉強していないかも…?」と急に不安に。そこで意を決して、学研ゼミの「スマートドリル」を試してみることにしました!

なぜ「スマートドリル」かと言いますと、【1か月間無料体験】がついているから、もし合わなくても後悔しないだろうという点と、デジタルっ子なら食いつきが良いだろうと期待したからという理由です。

とは言え、いくら無料で試せると言っても、娘が勉強を嫌いになってしまっては意味がありません。事前に他の「タブレット学習」「デジタル学習」の比較サイトなどでチェックしたのですが、「スマートドリル」は学習習慣をつけるきっかけとしてちょうど良さそう。

しかも、我が家にあるデスクトップパソコンですぐに始められるということで、「スマートドリル」に決めました!

というわけで、この連載では、自主学習の習慣ほぼゼロの状態から家庭学習に取り組み始める親子の様子をお届けしたいと思います。

「勉強しなさい! 」とできるだけ言いたくない保護者のみなさま、ぜひお付き合いください。


勉強習慣を身につけさせたいけれど…

娘は、決して「勉強が嫌い」なわけではないと思います。娘が通っていた保育園では、3歳児クラスから教育カリキュラムがあり、ある程度真面目に取り組んでいました。また、お気に入りの絵本や児童書を読んでいると、こちらの話が聞こえなくなるほど集中してしまうこともあります。

「起きる」「朝ごはんを食べる」「歯磨きをする」「身支度をする」「学校へ行く」「帰宅する」「宿題をする」「遊ぶ」…。

興味を持ちさえすれば、日常のToDoリストの中に「勉強をする」という項目を入れることはできるはず。そう。1日の行動に「勉強をする」を追加することが、最初のミッションです。


身につくか? プラスの家庭学習!

「小学校」と一言で言っても、それぞれの学校で「勉強」に対するスタンスは異なると思います。低学年のうちは「教科の勉強より体を動かそう」という方針の小学校もあるかもしれませんし、「全国学力テストに向けて学力向上を」と掲げている小学校もあるかもしれません。

娘の通う小学校は比較的勉強に対しての意識は高め。PTA主催の教育に関する取り組みもなかなか力が入っています。1年生でも、宿題はとにかく毎日。算数・国語・音読の3点セットです。入学したての頃はスイスイ解いていたものですが、1年生の後半になれば、ひとつの問題でつまづいて長考してしまう場面も何度か見られました。宿題自体を好きになることは難しいようですが、毎日こなすことは当たり前になって、気が進まないようなときでも、なんとかやっていくスタイルはできてきました。

ということは、習慣化さえできれば、自主的な学習スタイルが身につくのでは…? ましてや、勉強へ誘導しようとしても「Youtube®見てるからイヤ~」なんて娘に言われてしまうことも少なくなるのでは…?

そんな淡い期待を抱きつつ、この連載では「スマートドリル」を使った家庭学習の体験レポートをお届けしていきます。


次回は、娘と「スマートドリル」が出会い、実際に体験する様子をお伝えします。ぜひご覧ください!


ライター:しろくまかあさん
小学校2年生のひとり娘を育児中のワーキングマザー。特段、教育熱心なタイプというわけではないが、娘にはごくごく一般レベルくらいの学力は身につけ、憂いなく楽しい小学校ライフを送ってほしいと願っている。


関連コラム



小学校の教科書に対応したオンライン学習サービス「スマートドリル」で、楽しい学習習慣を!

スマートドリル

小学校で学ぶ教科学習については、授業には少なくともついていってもらいたい、しっかり学んで基礎的な学力をつけてもらいたい、そしてせっかく取り組むなら成績もUPしてもらいたい……というのは保護者さまの願いですね。

「スマートドリル」はそんな保護者さまの願いにしっかり応え、お子さまがスキマ時間に気軽に楽しみながら取り組める、オンライン学習サービスです。

「スマートドリル小2」は、「国語」「算数」の2教科。楽しい学習習慣のスタートにぴったりです。”できると楽しい”を「学研ゼミ」はこれからもサポートいたします。(ハッケン!みっけ隊)

関連するキーワード

行ってみた・やってみた 学研ゼミを使おう 小学生の学び

pagetop