学研の国語編集長に聞く! 小学生の国語の学習その2 ~つまずきポイントとその対策~

2017年11月21日 小学生の学び 子育て

小学生の国語の学習 つまづきポイントとその対策

国語はすべての教科学習の土台となるものですが、今日勉強したからといって、すぐにできるようになるわけではありません。
家庭での先取り学習で、しっかりした学習習慣をつけ、国語が得意で自信のある子になってほしいと思います。

では、どうしたら「得意になる」ことができるのでしょうか?
前回に引き続き、学研プラスの教材編集部、国語編集長の松田さんにお話を聞きました!

▼前回の記事はこちら▼



小学3年生以上の国語学習のコツ

小学3年生以上のお子さんがいるおうちの方から、「国語が苦手になった」と聞きます。

実は、小学校3年から学習する漢字の数が急に増えたり、教科書の文章が複雑になったりと、国語の難易度が急に上がるのです。
つまずくポイントで多いのは、「読解問題にどう答えていいかが分からない」ということです。

例えば、問題で「なぜ、~ですか」と聞かれたら「~だから。」と答える。
「どのようなことですか」と聞かれたら「~のこと。」と答えるなど、答え方にはルールがあるのですね。

そういうルールは学校ではなかなか習わないので、ドリルなどを利用して、おうちで教えてあげるとよいでしょう。解答例を参考にしてもいいですね。

小学3年生以上の国語の学習のコツ

また、読解力・理解力をつけるための「音読」もおススメです。

音読」とは、本や教科書の文章を声に出して読むことです。
音読を宿題にしている学校も多いですが、おうちの方が聞いてあげるときのポイントは、すらすら読めているかを確かめることです。

すらすら読めないところは、たいてい理解できていないことが多いのです。
正しく読み直させ、漢字が読めなかったり、言葉の意味が分からなかったりするのであれば、一緒に調べましょう。

音読」に慣れていないお子さんは、文章の「。」までをおうちの方と交互に読んだり、物語なら会話とナレーションに分かれて読んだりすることで、すらすら読めるようになりますよ。

取り組むうちに、漢字の意味や文章の内容も分かるようになり、段落などにも注意して読めるようになります。



まとめ

1.読解問題は「なぜ、~ですか」と聞かれたら「~だから。」と答えるなど、答え方のルールを覚える

2.すらすら読めるまで音読すると、読解力・理解力がつく



◆編集後記◆
お話を伺った松田さんは、小学生の男の子2人をお持ちのお母さまでもあります。
やんちゃなお子さんだとのことで、インタビュー中に楽しいエピソードを話してくださいましたが、仕事で得た経験を活かした教育方法と一本筋の通った信念で、お子さんたちも素直にたくましく成長しているように感じました。

たくさんのためになるお話をありがとうございました!

インタビュー協力:学研プラス  教科教育編集室 国語編集長  松田こずえさん

学研プラス 教科教育編集室 国語編集長 松田こずえさん


国語編集長の松田さんオススメの教材をご紹介!


楽しく読解力がつけられます!

1.おはなし推理ドリル(小学4~6年生向け)
さまざまな事件のナゾにせまりながら、文章読解のトレーニングができる新感覚ドリルです。文章中から推理の根拠を見つけて、事件を解決しましょう! 楽しみながら「読む力」や「論理的に考える力」が身につきます。『科学事件ファイル』と『生き物事件ファイル』があります。

おはなし推理ドリル(小学4~6年生向け)

▼詳細はこちら▼

2. 10分で読めるシリーズ
日本や世界に古くから伝わる笑い話や、子どもたちに人気のとんち話など、読んで楽しくなるお話を厳選し、一冊にまとめました。一話一話が短く、すぐに読めるので、朝の読書や一人で読むのに最適です。お話の種類もバリエーションに富み、飽きずに一冊読み通せます。わらい話やこわい話、伝記など、さまざまなテーマがあります。

10分で読める笑い話

▼詳細はこちら▼

「学研ゼミ」の「図書ライブラリー」でも「10分で読めるシリーズ」を読むことができますよ! ぜひ活用してみてくださいね。

▼学研図書ライブラリー▼


文:ハッケン!みっけ隊

小学校・中学校の教科書に対応したオンライン学習サービス「スマートドリル」は予習にもおススメ!

スマートドリル

小学校で学ぶ教科学習については、授業には少なくともついていってもらいたい、しっかり学んで基礎的な学力をつけてもらいたい、そしてせっかく取り組むなら成績もUPしてもらいたい……というのは保護者さまの願いですね。

「スマートドリル」はそんな保護者さまの願いにしっかり応え、お子さまがスキマ時間に気軽に楽しみながら取り組める、オンライン学習サービスです。

分からない部分は解説ムービーのヒントがあるので、予習にもオススメです。”できると楽しい”を「学研ゼミ」はこれからもサポートいたします。(ハッケン!みっけ隊)

関連するキーワード

小学生の学び 子育て

pagetop