子どもといっしょに楽しめる、かんたんプランター栽培! 初心者インゲン栽培日記:材料準備と土入れ! 編(0日目~1日目)

2018年04月27日 行ってみた・やってみた 就学前の学び 小学生の学び


20180412_1

こんにちは! 農体験・体験イベント担当の本間です。

ここでは、虫嫌いのプランター栽培初心者・本間が、家庭菜園の専門雑誌『野菜だより』(学研プラス)編集部の監修のもと、簡単な方法で育てられるインゲンの栽培日記をお届けします。

「何か始めたいけど、失敗したらいやだな」「本当の初心者でもできる簡単な育て方はないかな」と思っている方もいるかもしれませんね。
この記事では、お手軽に、そしてできるだけ失敗せずに、プランター栽培を始める方法をご紹介します。
この手順に沿って進めれば、意外とプランター栽培って簡単だな!と思うはずです。
ぜひお子さまといっしょに、野菜を育ててみませんか?

目次
―――――――――――――――――――
1.いまインゲンをオススメする理由
2.インゲン栽培に必要なものって?
3.まずは土入れから!
―――――――――――――――――――


1.いまインゲンをオススメする理由


インゲンには、ツルありインゲンとツルなしインゲンがあります。
今回はツルなしインゲンを栽培します。


ツルなしインゲンのオススメポイントは5つあります。

①育ちが早く、初心者でも育てやすい!
子どもが飽きないスピードですくすく育つので、最後まで楽しめます。

②4~5月はインゲンの栽培開始時期にぴったり!
いまがまき時期の野菜で、約30~40日間で収穫できます。

③タネが大きいので、発芽がダイナミック!
発芽した日はお子さまとじっくり観察してみてください。土から飛び出すタネに驚きます。

④ツルがないので、自立して育ってくれる!
ツルありインゲンは支柱が必要ですが、ツルなしインゲンは必要ありません。

⑤毎朝インゲンの様子を見に外に出るので、日光を浴び、体内時計がリセットされる!
インゲンの様子を見てお水をあげたりすると自然と目が覚めます。

「やり方を間違えた! 育たなかったらどうしよう」「天気が悪い……どうなったかな……」と一喜一憂していたのですが、2週間経ったいま、インゲンはしっかり育ってくれています。
毎朝カーテンを開けて、プランターの様子を見るのが楽しみになりました。

それでは、プランター栽培を始めてみましょう!


2.インゲン栽培に必要なものって?


20180412_2

必要なもの
・プランター:深さ25センチ以上のもの
・土(培養土、腐葉土):プランターの容量に合わせて購入してください
・鉢底石
・種:今回は「ツルなしインゲン」を育てます

あったらいいもの
・鉢底ネット(プランターの底に穴が開いている場合、土がこぼれるのを防ぎます)
・鳥よけネット(鳥はマメが大好きなので、周りに鳥がいる場合は注意。プランターの上にかけます)

私は、プランターはインターネットで、土と石はホームセンターで購入しました。
土と石は一見重そうですが、自転車に乗せて持って帰れるくらいの重さです。インターネットでも購入できますよ。

<プランター>
私は見た目を重視して、木のプランター(3000円くらいのもの)にしました。
このプランターは土が漏れる心配がないので、鉢底ネットは使っていません。

<土と鉢底石>
土2袋と石1袋を買って、合計でだいたい1600円くらいでした。

それでは土入れ作業開始です。ここからはお子さまといっしょに楽しんで下さいね!


3.まずは土入れから!


①石をつめる

20180412_3

この石、鉢底石といいます。とても軽いです。

「なぜプランターの底に石を入れるの?」
→土の水はけを良くして、根腐れを防ぐことができるからです。

ちなみに、鉢底石を繰り返し使いたい場合は、石を洗濯用ネットにくるんで敷くという方法がありますよ。


②土を入れる

20180412_4

袋からざくざくと入れて、手でならしました。
ここで、お子さまに土をならす作業を手伝ってもらうと楽しめると思いますよ♪

土を入れる順番は、
まず培養土→次に腐葉土→再び培養土→また腐葉土
となります。
一番上が腐葉土になることが重要です!

図にするとこんな感じです。

20180412_5


培養土:腐葉土=3:1の比率で入れていきます。
培養土が中心になりますね。

この土のサンドイッチ作業、意外とハマります!
土のサクサクサク……という音や、ふわっと香る土のにおいにも、癒されますよ。


20180412_6

この黒い土が腐葉土です。葉っぱや枝が腐り発酵した土で、空気と水分をちょうどよく保ち、栄養をいきわたらせる土を作ってくれます。


20180412_7

土のサンドイッチ終了!
ここで、土が余ったからといって、プランターのフチギリギリまで土を入れないようにしてくださいね。
水やりのときに、土や水がプランターからあふれないようにするための「ウォータースペース」という空間を、プランターのフチから3センチほど確保します。


20180412_8

ここでたっぷり水をかけてください!
プランターの底から水がしたたるくらいかけて大丈夫です。
ここで乾いた土とはまた違う、雨の日のような、濡れた土のにおいがしますよ。

「なぜ2種類の土をサンドイッチにするの?」
→培養土+鉢底石だけだと、水はけがよすぎて乾燥しやすくなってしまいます。腐葉土を入れるのは、保湿効果で水やりを楽にするためです。

いかがでしたか?
これで、土の準備はできました! いよいよインゲンの種をまきましょう。


次回


文:学研ゼミ農体験・体験イベントSTAFF/本間


関連コラム



農体験はどこでできる?次の開催はいつかな?

出かけよう!体験イベント

学研ゼミでは、「色々な事に興味を持ってほしい」「未来を生きる力を身につけて欲しい」という保護者の方の想いに応え、お子さまの好奇心や探究心を育むさまざまな体験サービスをご用意しています。

興味・関心の入口となるラインナップを揃え、お子さまの「気になる」が「できた!」「なるほど!」そして「もっと知りたい!」に変わる、そんな特別な体験のお手伝いをいたします。

開催日程は、体験イベントページでぜひチェックしてみてくださいね。(ハッケン!みっけ隊)

関連するキーワード

行ってみた・やってみた 就学前の学び 小学生の学び

pagetop